『下北沢の個性派・ロッソ原田氏提案!黒髪アイドル風ショートボブ』

[出演] 原田 タダシ [再生時間] 22:25

[動画説明]

「黒髪に合うショートボブ」をテーマに、前髪を短く切り込み、キュート感のあるモデルに合わせた黒髪アイドル風ヘアを作ります。

【カット(バング)】まずバングから大胆にカット!幅は狭めにとり、放射状に厚みのあるバングを作っていきます。

ポイントで入れた赤系カラーを活かすように仕上げます。

【カット(サイド・バック)】サイドラインはバングに合わせて、耳が出るくらいの前下がりに設定。

まずブラントで、その後縦シザーで柔らかさを出していきます。バックはサイド・トップとのバランスを見ながらグラデーションに。

フォワードシェイプで髪の毛がナチュラルに動いた時を想定しながら、動きやすく柔らかさが出るようカットします。

【毛量調整】バングや頭のシルエットとのバランスを考えながら、縦シザーで不必要な毛を間引いていきます。

【スタイリング】ワックスを使用し、フォワードシェイプのベースカットを生かし、そのままシンプルにスタイリングします。
バングが印象的な、黒髪アイドル風ショートボブの完成!

【カット(バング⇒サイド・バック)⇒毛量調整⇒スタイリング⇒解説⇒イメージムービー】

[講師]原田 タダシ氏のプロフィール

■所属店名 ROSSO

ロッソ代表。
ワンポイント・遊び心を加えたデザインが得意。
ハワイのカウアイ島から受けたインスパイアをもとに、下北沢にオープンした「グリーン」「エコ」をコンセプトとする新感覚癒し系サロンで、自然派もこだわり派も魅了し続けている。
1996年都内に『ROSSO』を、2000年原宿にに店舗目となる『ROSSO salone』を、2005年6月には、3店舗目となるROSSOの別ブランド『Living』をオープン。2009年9月には、ROSSO salone を下北沢へ移転リニューアルオープン。
2006年5月に女性モード社より、単行本『造形模写』を刊行。
サロンワークやカットセミナーのかたわら、ロシア、インド、メキシコなど、海外で撮影した自主制作の写真集を毎年発行している。